探偵トラブル

浮気調査などを探偵に依頼する場合、思わぬトラブルを起こさないよう、信頼ある探偵事務所を選ばなくてはなりません。

探偵業を行う届け出を行っているか、まず初めに必ず確認しましょう。

探偵業の届け出は警察を通じて公安委員会から得られるので、トラブルを起こすようなことがあれば業務停止や許可の取り消しなどの処分を受けるため、違法行為や詐欺的な行為は慎むからです。

もちろん、悪質な業者が紛れ込むリスクもあります。

過去の調査実績や評判、過去にトラブルが起こっていないかも十分確認しましょう。

探偵とどんなトラブルが?

  • 調査料金でもめた
  • 調査対象者にバレた
  • 依頼していないことを調査された 等

最も多いのは調査料金に関するトラブルです。

中には依頼がほとんど未達成の場合やしっかりした調査をしていないのに料金だけ請求するようなケースも少なくありません。

探偵に依頼するにあたっては口頭で相談するだけでなく、契約書面を取り交わして、重要事項の説明をしっかり受けましょう。

自分が依頼した内容、どこまでお願いするのかを明確にするとともに、探偵が守るべき内容やトラブルが起きた場合の対応について定める重要事項についてきちんと説明を受け、納得のうえで依頼しなくてはなりません。

他に探偵を巡って起こりやすいトラブルといえば、調査対象者にバレる、調査対象者やその相手などが尾行された、勝手に写真を撮られたなどと怒りをぶつけてくるケースや、依頼者が依頼した内容を超えて調査されて相手とトラブルになることや秘密を漏らされたといったものです。

最近多いトラブル事例

近年、警察や国民生活センターなどで注意喚起をしている、探偵を巡るトラブル事例には「アダルトサイトとのトラブル解決を勧誘してくる探偵業者」というものがあります。

たとえば、フィッシング詐欺をはじめ、アダルトサイトを利用したとして高額な料金請求を受けるというトラブルに巻き込まれる方が増えています。

自分では利用していないケースやちょっとURLをクリックしただけで実際には請求されるいわれはなくても、どうしようとパニックになってしまう方も少なくありません。

スルーすることができなくなりネットで解決策を検索したところ、自治体の消費生活センターと類似した表記の消費者○○センターというサイトが検索されます。

無料で相談できるとあったので相談してみたところ、結局は探偵業者を名乗る業者から高額な調査費用を請求された、高額な解約料を請求されたというものです。

さらにアダルトサイト業者からの返金も得られず、トラブル解決にも至らなかったという事例です。

探偵業の届出を行いながら資金稼ぎのために悪質な手法で客を獲ろうとしている業者もいれば、届け出をしていない違法業者も紛れています。

探偵とのトラブルを解決するには

こうしたトラブルに巻き込まれてしまった場合、勇気を出してお住まいの自治体にある本当の消費生活センターなどに相談するか、警察に相談しましょう。

アダルトサイトを利用したからとか、浮気調査でトラブったと人に知られるのは困ると相談できずにいると、いつまでも解決できず辛い思いをします。

消費者生活センターや警察には守秘義務があるので、あなたの知られたくないことを漏らされる心配はありません。

警察庁における対策としては、都道府県警察に対して悪質な探偵業者の実態把握を強化するように求めているほか、積極的な指導や取り締まりを行うことを求めています。

探偵業者に対して法令遵守の徹底を指示しており、探偵業の業務の適正化に関する法律などを守っていないと業務停止などの措置を受けます。

また、探偵業者が加盟する一般社団法人日本調査業協会及び全国調査業協同組合に対しても、加盟業者対してコンプライアンスの徹底を図るよう呼び掛けており、悪質な営業行為をする業者のチェックなどを行っている状態です。

関連項目

悪徳探偵によるトラブル事例・詐欺の手口